サービスのご案内

WEBシステム開発

オーダーメイドシステムの宿命

市販のパッケージソフトは比較的安いです。数千円~数万円、かなり専門化された高級ソフトでも十数万円です。ところが、システムをオーダーメイドした時点で桁がひとつかわります。最低でも数十万円、少し機能が増えればすぐに百数十万から数百万へと跳ね上がります。もちろん、数千万~数億というのもあります。
汎用化されたパッケージソフトと違い、自分専用に作られたオーダーメイドシステムというのは、使い勝手が良い一方で金額が跳ね上がるという宿命にあります。このコスト高ゆえに導入を躊躇することが多いのも事実です。

使われない機能

多額のコストをかけて導入したオーダーメイドシステムなのに、実運用を始めたら使われないままの機能があったりします。使われない機能ならそもそも作る必要もないですね。システム開発コストのうち無駄な部分が存在するということです。

システムの役割

なぜ、このような無駄が存在するのでしょうか。
そもそもシステムを導入する意義とは何でしょうか。それは、今の業務上の問題を解決するためです。つまり、本当の目的は業務上の課題解決であり、システムはあくまでそのための手段にすぎません。ところが、システムを作っていくうちにその目的を忘れ、システムを作ることそのものが目的となってしまうからです。手段が目的となってしまうことで発生する無駄なのです。

あとから作る

Sarvaではその無駄に注目します。
限られた予算の中でシステムをオーダーメイドできるように、あくまで目的を達成するために本当に必要な機能を絞り出し、まずそこだけ作って実運用してもらうことで初期システム投資を減らします。足らない機能は後から追加で作ります。
つまり、システムが成長していきます。

業務の変化に対応

ミニマムのシステムからスタートし、実運用させることによって、実運用の結果を次の機能追加に反映させることができます。
システムが成長できるということは、つまり、業務の変化に柔軟に対応できるということです。

Service サービスのご案内メニュー